不眠対策と治療方法

 

不眠対策と治療方法を解説するサイトへようこそ!

当サイトでは不眠の改善法、不眠にまつわる豆知識を中心にご紹介しています。
たんに不眠対策を示すだけではなく、どうして有効なのかという原理も同時に書くように努めています。

不眠対策での検索数は、月間で優に3000件を越えます。
これは、不眠で悩んでいる人が多くいることを示しています。不眠という言葉から推察するに、浅い眠りというよりも、布団に入ったもののなかなか寝付けない、夜中に目覚めるという悩みが多いと思われます。

不眠の原因とは?

不眠対策のポイントは、いかにスムーズに寝付けるかということです。
夜に眠れない人が増えているのは、現代社会を見わたせば当然のような気もします。眠れない原因には以下のようなものがあります。

  • 精神的なストレス
  • 運動不足
  • 夜に強い光に当たっている

不眠対策は、それぞれで対処法が違ってきます。

精神的なストレスに関しては、それほど昔とは変わっていないのかもしれません。ただし運動不足になると、精神的ストレスもたまりがちになります。また、最近では「いつリストラされるかも分からない」という予期不安によるストレスが、新たに加わったような気もします。

運動不足は、まちがいなく不眠症の原因になります。
時代を経るごとにますます、便利になってきています。今ではインターネットの普及により、家から一歩も出ずに食品や日用品を買うことができます。これが習慣になると、運動しないことに何の疑問も持たなくなります。

運動不足は、寝つけないだけではなく、メタボリックシンドロームや生活習慣病を引き起こすことも知らねばなりません。

夜に強い光を浴びると、睡眠ホルモンのメラトニンの分泌量が低下します。
このホルモンは眠気をもよおして、睡眠を持続させる働きがあります。明るくなると分泌量が低下し、暗くなると夜だと認識して分泌量が多くなります。

ところが夜になってもパソコンでインターネットをしていると、夜だと認識できないためにメラトニンが少なくなります。また興奮してドーパミンも増えます。そうなると、そのあと布団に入ったからといって、すぐには寝れないのです。

この場合の不眠対策としては、夜間はモニターの照度をできるだけ落とすことなどが考えられます。

不眠対策は個人によって異なる

社会的な不眠の傾向としては、以上の三つが主要原因です。
しかし個人に目を向けると、いろいろな間違った生活習慣をもっている人がいます。たとえば夜寝る前に夕食を摂る、寝る4時間以内にカフェインを飲む、寝る前に運動や入浴をする、午後3時以降に昼寝をする、また仮眠を取り過ぎるなどなど。これらは、すべて睡眠の質を落とし、不眠の原因になります。

不眠対策は、これだけやっていれば万全という方法はありません
睡眠には、いろいろな要素がかかわっています。安眠CDを聴いたり、快眠サプリメントさえ摂っていればよい、というものではないのです。まずは生活全体のリズムを整えることが、不眠対策の第一歩になります。

さあ、今日から心地よい眠りを得るために、効果的な不眠対策の方法を実践していきましょう。

 

不眠対策の方法がわかります↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら